自毛植毛のメリット・デメリット

自毛植毛のメリット・デメリット

自毛植毛のメリット

植毛には主に二種類の方法があります。こちらでは、自毛植毛について紹介していきます。

 

自毛植毛とは、文字通り自分の毛を、髪の毛が無くなってしまった部分に移植して毛のボリュームを増やすという方法です。この自毛植毛のメリットはいくつかあります。まず、自分の毛を使うことでより自然な仕上がりにすることができるということです。髪の毛が増えても、不自然だったら周囲からカツラではないか、とか植毛したんじゃないかと噂されて辛い思いをしてしまうかもしれません。ですが、自毛植毛なら自分の毛を本来あった場所に移植するので不自然さは心配する必要がありません。

 

また、自毛植毛は自分の毛を移植するので、アレルギー反応などの心配がない事もメリットの一つです。人工毛植毛の場合、化学物質などで髪の毛に似た物質を移植するので、まれに体が異物だと過剰反応してアレルギーを起こす可能性があるのです。

 

一方、自毛植毛にはデメリットもあります。
自毛植毛に使う毛は自分の髪を頭皮からドナーとして採取する必要があります。頭皮ごと組織を採取する方法や、毛根組織だけ採取する方法がありますが、この採取の時間がかかるので人工毛植毛に比べて植毛に時間がかかってしまいます
また、頭皮ごと採取する場合は皮膚が引っ張られるような感覚が採取の手術後一定期間残ったりする場合があります。

 

このようにメリットとデメリットがありますので自分にあった植毛方法を見つけたいですね。

 

植毛の値段【薄毛でお悩みの方】おすすめクリニックはこちら!